PMにヒビが・・

 久しぶりに、工人舎のPMの話(そう言えば工人舎、作っているようですが、撤退くさいですね・・)。最近、仕事で、私物をPCを使えない環境に身を置いているので、あまり、活躍の場がなくなって来ているPM君。それでも、たまに、プライベートで使っているのですが、小さいので、よく落としてしまうんです。それで、一度、派手に落下させてしまったら、画面に3本のヒビが入ってしまいました。幸い、画像が乱れるようなことはないのですが(スジは見えますが・・・)、タッチパネルが死んでしまいました。PMは、ポインティングデバイスがついてないので、マウスを持ってないとき、タッチパネルが使えないと、困る場合が多々あります。あまり使いやすいとは言えない、タッチパネルですが、なければないで、困るわけです。
 それで、買い換え含めて、いろいろ検討しました。新しいのを買おうかと思ったのですが、このサイズで、提供してくれているところが、皆無でした。あるには、あるのですが・・・今のPMに毛が生えた程度で、あまり、ぐっとこない。富士通のFMV-BIBLO LOOX Uなんて、良さそうなんだけど、バッテリーでの持続時間が短くて、ちょっと残念。これで、持続時間がもう少しあれば、良いんですけどね・・・。
 それで、PMを使えるようにする方向で、ポインティングデバイスを自作でつけることも考えたのですが、ポインティングデバイスをつけるところが、昔のLibrettoみたに、画面の右脇とかしかなくて、少々、使いずらそう。
 ということで、マウスポインターをキーボードで操作可能なソフトを探して、導入することにしました。導入したソフトは、KBMouseというソフト。慣れるまでに、時間がかかるかも知れませんが、慣れると、マウスポインターをキーボードで操作できるので、いちいち、マウスに手を持っていかなくて済むので、場合によっては、効率的に操作することができます。PMのような、マウスポインターがない機種や(そうそうないと思いますが・・)、マウスパットが嫌いな人には、お勧めです。普段使ってない、Caps Lockキーで切り替えられるのもいいし、マウス操作のキーへ割り当てを設定できるのもいいですね。ぼくは、ポインターの速度調整以外、すべて、右手だけで、マウス操作できるようにキーの割り当てを変えて使ってます。PMには、なくてはならないソフトになってきました。
 最初は、PMに導入することが目的だったのですが、普段使いのPCにも、入れて、たまに使ってます。なかなか、手放せないソフトになりそうです。