[PM] プチフリ

 SSDには、プチフリーズという現象が起こるそうです。プチフリは、メモリに書き込む際、その書き込みサイズに関わらず、ページという単位で書き換えなくてはならないため、ちょっとしたサイズのデータをちょくちょく書き換えるときに、書き込み時間が掛かってフリーズしてしまうという現象みたいです。(少し、違っているかも知れません)
 PMは、メモリーをたくさん積んでないので、使用時にメモリが足らなくなると、スワップといって、メモリの代わりにHDDにアクセスに行きます。これが、SSDになるので、まさに、ちょこちょこSSDに書き込みに行ったりしているのではないかと推測されます。
 この現象が起きるとどうなるかというと、使っている最中に一瞬フリーズすることになります。以前書いた、使っているともっさり感があると言っていたのは、どうも、このことみたいです。
 それで、対策として、どうしたかというと、Petite Freeze Busterなるものを入れてみました。こいつは、書き込むときに、直接SSDに書き込むのではなくて、メモリに作業の領域を確保して、このメモリとSSDの間で書き込むようにしてくれるようです。フリーズするのは、メモリとSSDとのやりとりになるので、UIからの操作に関しては、フリーズしたようには見えないというしくみらしいです。その他に、簡易デフラグちっくなこともしてくれるみたいです。書き込み単位が大きいので、データがひとまとまりになっていると、フリーズも起きにくくなるというのは、道理だと思います。
 設定は、こちらを参考にさせて頂いて、同じ設定にして使っています。
 使っている感じとしては、プチフリ現象は、なくなったような気がしてます。これで、いらいらから解放されそうです。
 この手のものは、SSDを搭載しているメーカーで、SSDのドライバーとして提供して欲しいところですよね。こんなの、使っていれば問題になるとすぐわかるはずなのに。値段ばかりに向かっていくと、こういうものが増えてくるんでしょうね。ある意味、昔に戻って行っているのかも知れません。
 そうそう、Petite Freeze Busterですが、これを有効にしておくと、WindowsのUpdateがうまく行かないようです。どうも、Microsoftの正規のWindowsチェックにHDDの何かを使っているようで、それが悪さをしているみたい。(どっちが悪さをしているのだという話もあるのですが・・)
 理由は、ぼくが勝手に解釈している邪推なので、間違っているかもしれませんが、どちらにしろ、うまくは動いてくれないようです。たまのUpdateなので、Updateするときには、無効にしてしまえばいいのですが、面倒くさいといえば、面倒かも知れませんね。
Petite Freeze Buster CD版 Ver1.5