エッセイスト 伊丹十三

 伊丹十三著の「女たちよ!」を読んで、今、「ヨーロッパ退屈日記」を読んでいます。ぼくのイメージでは、伊丹十三という人は、やっぱり監督というイメージがあるのですが、なかなかどうして、本も面白いです。
 これらの本が、出た時代にこんなことが書けるというのは、その当時は、結構、衝撃的だったのではないかと思いますが、今読んでも、かっこいいと思います。
 伊丹十三という人は、センスのかたまりのような人だったのではないでしょうか。この本を読んでいると、端々に、センスの良さを感じます。内容は、多岐にわたっているので、ある意味まとまりがないような印象も受けるのですが、読んでいると、何だか気分がよくなってくるような気がします。ちょっとした暇つぶしに読むのがいいかも知れません。
 いやいや、もっと深いものが隠れているのかも知れませんが・・・。やっぱり、伊丹十三ワールドを楽しむというのがいいような気がします。