アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

 世の中大変なことになっているらしいのですが、なんだかよくわかってないというのが正直なところなのかも知れないなと。それなりに、世の中の動向とか見ているのですが、今ひとつピンとこないのは、経済学の基礎すらないからなのかも知れないと思い、これを読んでみました。
 かなり基礎的なことが書かれていて、正に基礎の基礎が知りたいなら読んでみるといいかも知れません。この本の中では、特にインセンティブということばが繰り返されていましたね。考え方の基礎はそこにあるのかも知れません。
 日本の高校には、経済学や金融学、経営学などないですが、こういう分野は、正に現代を社会人として生きていくなかで、知っておいたほうがいいもののような気がしますよね。そういう知識が身につくと、経営者は困るのかも知れませんが・・・。