name

TF Manager

 TF Managerに出来ること

TF Managerで出来ることは?
  • リストから選択するだけで、内容をViewerで表示
    メモ帳のような単体のエディタだと、内容を確認するのに、ひとつひとつファイルを開かなくてはなりませんが、TF Managerならリストを次々と選択するだけで、その内容をViewerに表示することが可能です。
     一行見出しと併用することで、簡単に目的のファイルを探しだせます。

  • BookMark機能
     テキストファイルは、いろいろなフォルダーに用途ごとに整理されていると思いますが、フォルダーは、テキストファイルのためだけのフォルダーではないため、いろいろなところに散らばっていたりして、フォルダー選択だけだと、行ったり来たりしなければならない場合も少なくありません。
     そこで、よく使うフォルダーやテキストファイルをブックマークとして登録することで、素早くテキストファイルにアクセスすることが可能です。クイックフォルダーアクセスと併用することで、目的のファイルに素早くアクセスすることが可能です。

  • 強力な編集機能
     エディターはもぐらのメモ帳をベースに、より充実した機能が付加されています。
    各種、変換機能や、行編集機能もあります。

  • Web検索機能
     ネットワークに接続されている環境であれば、TF Managerから直接選択した文字列をWeb検索のキーワードとしてWebサイトに送りその結果をブラウザーで表示することが可能です。

  • 表示モード
     表示の設定は、用途によっていろいろ使い分けたいと思う時があります。
     例えば、読む時と書く時では、表示したいものが変わってきますし、編集するファイルによっては、色分け表示のキーワードや、フォントの大きさなんかも変更したくなるかも知れません。
     そこで、よく使う表示の設定に名前を付けて保存し、それを読み出すことで、表示の設定を一括変更できるようにしました。ファイルごとに複数の表示設定(表示モード)を使い分けることで、より効率のよい編集作業が可能です。

  • 色分け
     キーワードを設定することで、特定の文字列や範囲を指定色で表示することが可能です。

  • クリップボードの履歴
     テキスト編集に重宝するテキストのコピーの履歴を保持できます。

  • 外部アプリの起動
     TF Managerでは対応出来ない専用エディターなどを登録し、TF Managerの強力なファイル閲覧機能と併用することで、より便利な編集環境を構築することができます。

  • プレビュー印刷機能
     印刷の内容をプレビューで確認しながら、各種印刷設定を行って、印刷することが可能。
     印刷の前に、印刷枚数や、ページごとに印刷量が確認出来るので、印刷の失敗が軽減されます。

その他、詳しい説明はHelpをご覧下さい。